サラリーマンの癌闘病日記

普通のサラーリマンとして海外を飛び回っていた私にできた相棒「癌」。新しい相棒ができ生活が徐々に変わった能天気な癌闘病記録を主に綴っています。





皆さんどうするんだろう?癌治療中のインフルエンザ予防接種

f:id:rogues-carlos:20201026132631j:plain

インフルエンザ予防接種、今年もこの季節がやってまいりました。

海外渡航が多かったので肝炎、破傷風や狂犬病などは定期的に実施していましたが、どうも『今年流行りそうな型を予想しワクチンを選定』というやり方に賛同できず、インフルエンザ予防接種は長年受けていませんねぇ。

ただ今年はまだ武漢肺炎のワクチンが完成していませんし、もしかすると、武漢肺炎とインフルエンザを同時に患ってしまう可能性だってありますよねぇ。

一般的に癌治療中のインフルエンザ予防接種は、規制されていない(むしろ、どちらかと言えば推奨されている?)のですが、ただでさえ弱った体にワクチン打っても大丈夫なのかなぁ、って感じてしまうのは私だけなんでしょうか。

 

 

ワクチンと言っても、昔みたいに生の病原体を薄めて体内で注入するわけではなく、少なくともインフルエンザに関しては毒性のない病原体を使った「不活性ワクチン」というタイプを予防接種として採用しているようです。

毒性がないので安心度は向上しているのでしょうが、誰が「今年はこのタイプのインフルエンザが流行りそうだ」って決めてるんでしょうか。

後から「ごめん、今年は予想が外れちゃった」なんて言われても困りますよねぇ(笑)、結構流行当初と終わりではウィルス自体も進化して形を変えているとか言いますし。

 

f:id:rogues-carlos:20201026132655j:plain

そんな私に追い打ちをかける話題がこちらですなんです。

日本でもやっと最近ニュースになり始めましたが、お隣の半島の国ではインフルエンザの予防接種を受けて死者が続出していますし。

政府は基礎疾患を持った人に限り死亡事故に至っているだけで予防接種との関連性を否定し予防接種投与を継続させるようですが、さまざまな副作用もかなりの比率で報告されているようですね。

冷蔵保存が義務付けられているワクチンを常温で保存していたのが原因等々、日本では考えられない話題が飛び交っていますが、高齢者のみならず若年層まで死亡事例があり大きな問題になっている様子。

 

日本のワクチンは彼らが使っているモノとは違うのかなぁ。

もし、同じだったら今年も接種したくないなぁ、現在は基礎疾患がある人間の部類に属していますしね。

 

f:id:rogues-carlos:20201026132714j:plain

とりわけ現在の私は、白血球や血小板の数値が減少するという症状ですので抵抗力も低いので担当医からも風邪など感染症には十分注意するように言われています。

仮に予防接種の効果でインフルエンザにかからなかったとしても、予防接種後に免疫が出来上がる数週間の間は要注意期間。

もしかすると、この間に武漢肺炎や風邪にかかり重症化するリスクもあると思うのですが。。。

 

f:id:rogues-carlos:20201026132730j:plain

インフルエンザの予防接種を否定しているつもりはないのですが、私個人が摂取したくないと考えているので表現が不適切な個所があるやもしれません。

私と同じような境遇の方々って多くいらっしゃると思うのですが、皆さんは今年インフルエンザの予防接種を受けられるのでしょうか?

 

 

こんなブログですが一応ランキングに参加しています。 『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪ 宜しくお願いいたします♬

 

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ