サラリーマンの癌闘病日記

普通のサラーリマンとして海外を飛び回っていた私にできた相棒「癌」。新しい相棒ができ生活が徐々に変わった能天気な癌闘病記録を主に綴っています。





問診だけならこんなもん、豪雨の中CT検査結果を聞きに行ってきました

f:id:rogues-carlos:20210709091215p:plain

貴重な有給休暇を費やし先日受けたCT検査の結果と今後の治療方針について話を聞きに病院へ足を運んだ私。

運悪く数日来の豪雨の影響で避難勧告が発令され、寸断されている道路、氾濫する河川、高速道路や公共交通機関の機能停止の影響で道路は大渋滞。

問診だけだったので病院滞在時間は待ち時間含め1時間未満だったのですが、病院往復で費やした時間は2時間以上と言う顛末・・・よほど私は日頃の行いが悪いようですねぇ(笑)。

 

 

 

問診だけだったというここともあり出費額は過去最低を更新し、なんと驚きの『240円』!

私の場合は医療費負担が3割(だったはず)なので、負担前に換算しても1,000円に満たないということですよね。

気になる先日受けたCT検査の結果のほうですが、肺から大腸までの範囲で今のところ転移などは確認されておらず腫瘍マーカー値も基準以下を推移しており順調に回復しているとの目立てでした(めだたしめでたし)。

そんな順調に回復の雰囲気を醸し出している私、先生との話の中で次回の検査は3か月後の血液検査のみ、しかもそれまで服用する薬はなしという形で様子を見ることになりました。

 

f:id:rogues-carlos:20210709091240p:plain

そうなってくると、気になるのは最近周囲の皆が受け始めている武漢肺炎のワクチン接種。

会社としても世間体を気にしているせいか、なんとなく“接種率を上げたい”みたいな雰囲気を醸し出しているのは感じていましたが、現状を踏まえ担当医の見解を改めて聞いてみることにしたのでした。

結果、血小板や白血球値に一抹の不安はあるものの、年齢的にも大丈夫だろうということで予定通りワクチン接種を決行することにしたわたしなのでした。

気になるのは『年齢的にも』というフレーズ、決して社旗的には若者に分類される年齢ではないのですが、癌患者としては、まだまだ若者のほうなのかなぁ・・・ちょっぴり嬉しい(この時点で十分オッサンですよね)。

 

f:id:rogues-carlos:20210709091302p:plain

病院滞在時間と出費額のわりには実りの多かった今回の通院、帰宅後早速ワクチン接種の予約を入れることにした私。

ウワサ通り分かりにくい画面から作業を進め、なんとか一回目の接種は7月16日に予約をとることができたのでした。

聞くところによると副反応で血小板減少という症状で亡くなられている方もいらっしゃるとか・・・果たしで、自分の身体は上手くモデルナ製ワクチンに対応できるのでしょうか。

なんか、こう書き連ねているとだんだん不安になってきましたが、無事接種を終えた時にまた報告させていただきますね。

 

それでは、梅雨前線もまだまだ活発なようで予断を許さない状況ですが、身の安全を第一に良い週末をお過ごしください。

 

 

 

こんなブログですが一応ランキングに参加しています。 『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪ 宜しくお願いいたします♬

 

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  

『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪

沢山面白いブログに出会うと思いますが戻ってきてくださいね~!

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ