サラリーマンの癌闘病日記

普通のサラーリマンとして海外を飛び回っていた私にできた相棒「癌」。新しい相棒ができ生活が徐々に変わった能天気な癌闘病記録を主に綴っています。





もしかするといけるかも?医療費確定申告の還付金

f:id:rogues-carlos:20210115133125p:plain

先日アップした記事で私の医療費確定申告の還付金について見込みが薄い(と言うかメリットが少ない)という内容で紹介させていただきました。

今回はその続編となるのですが、わざわざ記事にした理由は、

 

「もしかすると、こうやれば還付金が多くなるかも?」

 

という手法をみつけたので、皆様からご意見をいただき実行に移すか参考にさせていただきたいと考えたからなんです。

その手法とはこんな感じで、名付けて『逆襲の「還付金大作戦」』。

 

 

 

基本となる計算式は、以前お伝えしたように下記になります。

 

医療費控除額=支払った医療費-保険金としてもらった金額-10万円

 

例として、「支払った医療費」を700,000円、「保険金としてもらった金額」を500,000円とすると、導き出される「医療費控除額」は、100,000円となりますよね。

私の現時点で紹介できる協会けんぽさんの「情報提供サービス」では、支払っている医療費は583,928円で、最終的には700,000円くらいの支払い額となる見込みです。

前回はこの計算で得られた金額に幻滅して確定申告を諦めかけていたのですが、もしかすると一発逆転的な“会心の一撃”が放たれる可能性が出てきました。

 

f:id:rogues-carlos:20210115133144p:plain

それは、「入院費」の扱い方。

今年は2回入院(1回目は月またぎのため明細が分かれている)したのですが、入院として支払った金額は342,944円でほぼ確定です。

一方で生命保険からもらった入院給付金は、おおよそ500,000円。

この生命保険の給付金は「入院給付金」ですので、約16万円ほど黒字になった格好になっているのです。

実際は準備や衣服など細々購入しているので、そこまで儲かったわけではないのですが、証拠に残る記録ではこうなってしまいます。

以上が本件に関する私の置かれている立場になるのですが、ここからが『逆襲の「還付金大作戦」』の考え方となるのですが、どうにも自信が持てないのです。

 

f:id:rogues-carlos:20210115133214p:plain

その手法とは、

 

『受け取った500,000円は入院に対して支払われた給付金なので、入院費の342,944円と共々確定申告しない』

 

というもの。

入院費を申告しないのだから付随して得られた給付金の500,000円も計上する必要がなくなり、冒頭に紹介した前回の計算式に当てはめると「医療費控除額」は、こんな感じになります。

 

257,056 =(700,000 – 342,944)-0-100,000

 

なんと、前回の計算では10万円だった医療費控除額が再計算により26万円弱になるではないですか!!

これなら確定申告しても結構な還付金が見込めますよねぇ~♪

 

問題は、この考え方は間違いではないのかと言うことなのですが、是非その筋に詳しい方に教えていただきたいのです。

 

 

 

こんなブログですが一応ランキングに参加しています。 『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪ 宜しくお願いいたします♬

 

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  

『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪

沢山面白いブログに出会うと思いますが戻ってきてくださいね~!

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ