サラリーマンの癌闘病日記

普通のサラーリマンとして海外を飛び回っていた私にできた相棒「癌」。新しい相棒ができ生活が徐々に変わった能天気な癌闘病記録を主に綴っています。





【続編】パスワードを忘れた全国健康保険協会「情報提供サービス」

f:id:rogues-carlos:20201212094608p:plain

先日お伝えしたように、今年支払った医療費の記録を容易に把握しるために申請した全国健康保険協会(けんぽ)の「情報提供サービス」の登録が失敗に終わった私。

前回は自分で設定したパスワードを忘れてしまったことが原因だったのですが、気を取り直して再度申請してみたのですが、これまた私のミスで申請が上手くいきませんでした。

前回と同様に私のミス、こういうケアレスミスって続く時には続くんですよねぇ。。。

 

 

 

電話で問い合わせ、新規扱いでしか申請できないという話だったので、改めて入力画面から必要事項を入力した私。

このあたりの作業は、2回目と言うこともあり手慣れたもんです♪

一通りの入力を終え、前回と同じミスを繰り返さないように自分で設定するパスワードもメモをとり、これで万全!

。。。しかし、思わぬ落とし穴にはまっていたことには気づきませんでした(苦笑)。

 

f:id:rogues-carlos:20201212094631p:plain

その“落とし穴”とは、「住所の入力ミス」。

パソコンをお使いの方はお分かりだと思うのですが、以前入力した情報をパソコンが記憶していてくれて次回入力時には最初の1文字くらいを入力すれば、入力候補として以前の入力情報を表示してくれる便利なシステム。

ある時には、郵便番号を入力すればある程度の住所までは自動で現れてきたりして、その後の「丁目」や「番地」などを入力するだけで済むという、年賀状の住所録をこさえたりするのに重宝しますよね。

 

f:id:rogues-carlos:20201212094655p:plain

しかし、入力欄に自動で現れる住所とは別に「丁目」や「番地」などを入力する欄が設けられていると、その部分は自分で入力してやる必要があるのです。

そしてパソコンは、この自分で入力した情報を記憶してくれるんですよねぇ。。。なんか言葉で表現するのって難しいですね(汗)。

 

f:id:rogues-carlos:20201212094723p:plain

全国健康保険協会(けんぽ)の「情報提供サービス」の住所入力は、市町村名から番地までは1つの入力欄で構成されていているのですが、私が今回犯したミスは、

 

「住所欄に丁目以降の住所しか記入されていなかった」

 

ことでして、これが原因で申請登録の時点ではじかれちゃったんです。

送られてきた郵便物にはその旨が記されており、結局は3度目の申請作業を行うハメになっちゃったんですよねぇ(涙)。

 

f:id:rogues-carlos:20201212094747p:plain

しかし、住所欄の入力に誤りがあったことが原因なのに郵便物はきちんと送られてくるという仕組み。。。なんか違和感を感じるんですけどぉぉ・・・。

 

『そこまで分かってるんだから、大目に見てよぉぉ』

 

と、心の中で叫ぶ私なのでした(苦笑)。

こういう現状ですので、実際に全国健康保険協会(けんぽ)の「情報提供サービス」を使ってみたレポートについては、もう少しお待ちください。

 

 

 

 

 

こんなブログですが一応ランキングに参加しています。 『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪ 宜しくお願いいたします♬

 

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  

『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪

沢山面白いブログに出会うと思いますが戻ってきてくださいね~!

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ