サラリーマンの癌闘病日記

普通のサラーリマンとして海外を飛び回っていた私にできた相棒「癌」。新しい相棒ができ生活が徐々に変わった能天気な癌闘病記録を主に綴っています。





皆どうしてるんだろう?私が看護師に聞かれ返答に困るコトバ

f:id:rogues-carlos:20201012134638p:plain

抗がん剤治療「CapeOX」も半分の4クールをなんとか消化し、10月14日に(おそらく)5クール目の始まりであるオキサリプラチン点滴を受ける予定な私。

これまで幾度となく白血球や血小板の数値が思わしくなく延期を食らっているのですが、今回は白血球改善の注射も済ませていますし、血小板数値改善のロイコンも服用してるんで大丈夫じゃないかな。

これまで去年の横行結腸癌(大腸がん)時の8回と今年の肝臓癌で4回ほど抗がん剤治療を受けている私。

その中で受診日に毎回看護師から健康状態をインタビューされ、どうも返答に困る質問をされるのですが、これってどう答えればよいのでしょう?

 

 

 

CapeOX治療は、ご存知の通り2週間ほどカペシタビンとかゼローダなどの錠剤を2週間ほど朝晩2回服用し、1週間はお休み。

そして、4週間目に病院へ足を運び次のクールへ進むという『3週間(2+1週間)』という治療サイクル。

2週間ほど処方された薬を服用するのですが、その服用期間には「副作用チェックシート」なる記録簿を記入していかなくてはなりません。

これを受診日に提出し看護師はそれに基づいて健康状態などをチェックしたり場合によっては患者に尋ねたりしてカルテみたいなものに記入(あるいはPCへインプット)している様子。

 

f:id:rogues-carlos:20201012134701j:plain

「副作用チェックシート」はこんなフォーマットなのですが、そこには体重や血圧に加え食欲があったかとか、手足の痺れ症状の有無や度合いなどを書き入れることができるようになっています。

きっと在宅中に何か異変がなかったかを調べてるんですね、それだけ日常生活に支障を及ぼす可能性のあるきつい薬なのでしょう。

その「副作用チェックシート」の記入欄には「排便回数」というのがあるのですが、これが私にとって返事に困る質問なのです。

 

f:id:rogues-carlos:20201012134722j:plain

 

別に排便回数を伝えることが恥ずかしい年齢ではありませんし、正直回数を記入しています。

ちなみに「オナラ(屁)」は、「排便回数」に含まれないようですね(笑)。

このチェックシートに記入された「排便回数」欄に差し掛かった時に必ず聞かれる質問があります。

それは、

 

『便の硬さに異常ないですか?』

 

というフレーズ。

せめて『下痢気味ですか?』なら、「Yes」や「No」で答えられるものを。。。。硬さの異常???

これって、どう答えればよいのでしょうか?

 

f:id:rogues-carlos:20201012134742j:plain

 

まずもって、私は正常な便の硬さを知らないのです、どのくらいの硬さなら正常なのでしょう?

しかも洋式で用を足すと、硬さを調べようも既に溜まっている水の中へ落ちていますよねぇ。

私なんか大腸が普通の方の半分くらいしかないわけですし、硬さを表現する器具も持ち合わせていないのですが。。。。なんでこんな意地悪な質問するんでしょうねぇ。

 

f:id:rogues-carlos:20201012134803j:plain

 

私はこの質問をされた際には、いつもこのような返事をしてしまい看護師に笑われちゃったりするのですが、個人的には的を得ている回答だと思っています。

それは、

 

『愛犬のモノよりも少し柔らかいことも時々あります』

 

という返事。

私としては、いつも同じ食事を定量摂取する愛犬が排泄するモノは、健康状態が問題なければ“同じ正常のモノが同じ分量出てくる”という解釈なんです。

その通常では変わらない愛犬のモノは、私にとってはある意味“基準”なんですけどねぇ~。

同じ境遇の皆さんは、どういう受け答えしているのでしょうか。

 

 

こんなブログですが一応ランキングに参加しています。 『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪ 宜しくお願いいたします♬

 

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  

『元気の源』のために1日1回ポチッていただければ嬉しいです♪

沢山面白いブログに出会うと思いますが戻ってきてくださいね~!

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ